な な を 。 の 制 作 本 棚 へ よ う こ そ 。

暗譜は、お風呂でする話。

こんにちは、ななを。です。

 

 

 

温泉は大好きですが、毎日のお風呂は億劫に感じてしまいます。

そのため、シャワーだけの日が多いのですが、最近久しぶりに湯船につかりました。

 

 

 

久しぶりにゆっくりと浸かった湯船は、「考えない時間」としても、「何かをじっくり考える時間」としても、大切な時間だな、とふと思ったのです。

ちなみに今日のネタも、その湯船で思いつきました。今日は、そんな話です。

 

1、お風呂の間、何考えてますか?

・何も考えない

 

温かい湯船でボーッとする事は、この上ない幸せだなぁと思うのだが、考えてみれば、起きている時間のほとんどは、楽譜を見たり、パソコンを見たり、スマホを見たり、何か情報が入ってくる状況にある。

 

 

そんな中、お風呂の時間は、強制的に電子機器からも離れ、情報からも離れて落ち着いた時間を過ごすことになる。

寝る以外に頭と心を休めるためには非常に大切だと、最近思ったのである。

 

 

 

 

最近友人が「『4分33秒』(終始沈黙の曲)を演奏するのは、意外と集中力を使った。」と投稿していた。

そういえば、生活の中で5分弱も例えば「何もしない」「(一見無音に)耳を研ぎ澄ますだけ」とか、そんな時間あるだろうか、と思ったのだ。

 

 

 

 

しかし、お風呂は同じく手元に何もない状態なので、様々な考え事にも時間を使っているということに気づいた。笑

・暗譜

 

思い返せば受験生の時、暗譜を確かめるのは、お風呂の時間と、通学の時間が多かった。

特にバッハの「四声のフーガ、バスを歌い切るまでお風呂上がれません」を実行していた。

他の声部や、他の曲も然りなのだけれど、指を動かさずに口ずさまずに、心の中だけで歌い切るには結構な集中力がいる。

元々暗譜は苦労した思い出が少なかったのだが、高校生くらいから途端に悩むようになってきた。

 

 

そんな中思いついた方法が、「お風呂で暗譜できるまで上がれません。」企画。

他にも、写譜をしたり、朝一起きてすぐに弾いたり(手を壊すのでおすすめしないが)、様々な方法を試した。

 

そのうちの一つである。

 

・ネタを思いつく

 

何か作るときには、お風呂で考え事をすることが多い。

やはり外部からの情報が遮断されたところで、考えを巡らすのは良いのかもしれない。

 

 

小学校の時に、作曲の発表会が毎年あった。

いつも直前に追い込むのだけれど、そういえばお風呂に入っている時に考えていた。

 

 

 

出る頃には忘れてしまうことが多かったので、残念だったけれど。

 

2、最近携帯を見る時間が減った話

・約20%減った、画面を見ている時間。

 

最近、iPhoneは賢いので、画面を見ている時間を教えてくれる。

この外出自粛になって、約20%も見る時間が減っていると通知がきた。

 

 

 

ブログを書き始めて、YoutubeでYoutuberを見る時間は減ったし、本を読んだり、人の話を聞く時間が増えたように思う。

Youtuberの企画の流れが、どんどんテレビ化しているのも、見なくなりつつある一つの原因なのだが、つい癖で見てしまう(スマホ依存でしかない)私が、20%減ったのは大きい。

 

・そのうちの30分

 

そのうちの30分は、西野さんのオンラインサロンのラジオを聞き、オンラインサロンでのコラムを読んだりしている。

元々SNSは、投稿する専門で、タイムラインをほとんど見ていないのだが、さらにその時間も減ったように思う。

 

3、やる気の波

 

いかにも「頑張ってる」みたいな記事になってしまったけど、そういうわけでもなくて、この自宅自粛の期間に、ちょうど前向きな波が来てくれた。

度重なる足止めを食らった2019年の春から、この2020年の春にかけて、3度目の足止め。

昨年春腫瘍の発覚で、1ヶ月のスケジュールがキャンセルになり、夏に手術で2ヶ月のスケジュールがキャンセルになり、3度目の今回は、コロナで無期限スケジュールキャンセル。

 

2度あることは3度ある、と覚悟していたけど少し思ったより早く3度目が来た。

もはやここまでくると、落ち込むことすら、ストレスを抱えることすら忘れていたのである。

 

 

 

収束するといいなぁと思いつつ、今日もお風呂に入ってこよう・・・。

 

 

 

おしまい。

 

〜今日の小話〜
今日設定が変わったので、またボチボチ慣れてゆきます〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA