な な を 。 の 制 作 本 棚 へ よ う こ そ 。

「ご褒美」は必要か。飴と鞭。

こんにちは、ななを。です。

 

 

 

子供の頃、何かできた時にご褒美はありましたか?

 

 

 

「テストで100点取ったら」「宿題が終わったら」「試験に合格したら」「コンクールで賞を取ったら」

 

 

 

もっと身近なことで言うと、

 

 

 

「テキストが1冊終了したら」「レッスンの1曲が終わったら」「お手伝いしたら」

 

 

 

様々な「ご褒美」があると思います。

このご褒美は、子供の原動力になると考えられがちですが、果たしてそうでしょうか?

大人になったら「給与」「インセンティブ」と言うご褒美はどう機能するのでしょうか?

 

 

 

「ご褒美」に関することをまとめました。

1、「ご褒美」で成績が上がるのか

TED Talksで「ダニエル・ピンンク」がこのような考察を語っている。

(参考:TED公式サイトより「ダニエル・ピンク:やる気に関する驚きの科学」

 

 

ちなみにこんな本も出ているので参考まで。

 

 

・「ご褒美」が機能する場合

①単純なルール

②何か明確な答えがある

③視野を狭め心を集中させる物

 

 

 

このような作業には

If Then式報酬(これをしたらこれが貰える)が機能する。

 

 

 

例えば「ルーチン的」「ルーチン適用型」「左脳的な仕事」である

「ある種の会計」「ある種の財務分析」「ある種のプログラミング」

要するに、今機械化されているようなものが挙げられる。

・「ご褒美」が機能しない場合

①右脳的な問題解決

②クリエイティブな考える能力を要する物

③答えが目の前に転がっていない、周りを見渡すような物

 

 

 

上記のような物が「ご褒美」が機能しないものとしてあげられる。

なぜなら、報酬は「私たちの可能性を限定しまうもの」だから。

 

・Googleが実践していること

Googleは、エンジニアは仕事の「20パーセント」を

なんでも好きなことに使う事ができる、という制度が存在する。

この自由な時間で新製品の半分がまれたと言われている。

(ダニエル・ピンクのプレゼンテーションより引用)

2、「ご褒美」によって育てられた子の将来

こちらの本には、少し怖い事が書いてある。

(ちなみにこの本にはその解決方法や、分析による教訓までも書いてあるので、
教訓、解決方法を読むには本を参考にして欲しい。)

 

 

「一度でも報酬を受け取ってしまうと、本人が自覚しなくても、
目的が「ただ、やりたいからやる」から「ごほうびをもらえるからやる」に変化します。
もともとは期待していなかったはずのごほうびがないだけで、
急にモチベーションが下がってしまうのです。」(引用:『図解 モチベーション大百科』池田貴将著)
なぜ怖いかって?
職業として音楽を続けていこうとした場合、音楽を演奏する事、コラムなどを書く事で
お金、すなわち報酬をもらうようになるからだ。
多くの人が「好きだから」やっていた音楽だったはずなのに。
そして、恐ろしいことに、この本では
報酬がなくなると「やらなくなる」という現象が起きる。
という事例が提示されている。
さて、そんなあなたに質問。
コロナで仕事がなくなった今、目の前の本番がなくなった今、コンクールがなくなった今。
どれだけ練習していますか。
おしまい。

 

 

 

〜今日の小話〜
今日は、友人と、「友人の友人」2人を含めた4人で「ZOOM夜会」を開催した。
本当に素敵な方で、このブログに関してもアドバイスをいただき、
そして、たくさんのポジティブな言葉をいただいた。

知識も心も満たしていただき感謝するとともに、より一層頑張っていこうと思った。

この状況だからこそ出会えたと思うので、外出自粛も悪いことばかりじゃないなと思いましたとさ。感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA