な な を 。 の 制 作 本 棚 へ よ う こ そ 。

独創的な人の驚くべき習慣

こんにちは、ななを。です。

 

 

先日こちらの記事を書きました。

締め切りに追われる理由。【時間管理】

 

上記の記事の途中で、締め切りに追われた際、

 

「それなら前半に集中してやればいいじゃない」

ここからは私の考察だけれど、最後に行動として仕事をやるまでに、

情報や資料集めを行い、蓄えがあるからこそ「創造的な仕事」は出来上がるのではないだろうか。

 

そのため、自分がフルパワーで集中力を高めた際に、
締め切りに間に合うであろうギリギリのラインまで

「エネルギーを貯めている期間」であると考えている。

 

だからこそ締め切りに追われるような形になるのだが、

結局はその「何もしてなさそうに見えるその期間

は、非常に意味を持つと考える。

 

と言いました。

そんな私の気持ちを代弁してくれているプレゼンテーションを見つけたのでご紹介します。

 

 

1、独創的な人の行動特徴

 

私自身が独創的な人かどうなのかは、とりあえず置いておくとして・・・。

こちらの動画では、課題を出されて即座にやる人よりも、適度に放置し、先延ばしにする人の方が独創性の高い成果物を作り上げることができるという内容を言っている。

 

参考

独創的な人の驚くべき習慣Ted Talks アダム・グラント プレゼンテーション

 

プレゼンをしたアダム氏自身は、「前倒し派」らしいのだが、実際に書き物をするときに「放置」をすることによってアイディアがいつもより湧いたという。

 

 

 

先延ばし

 

この「放置」「先延ばし」のことを、アーロン・ソーキン(映画監督)は、

 

 

 

「私は思考と呼ぶ」

 

 

 

と言ったそうだ。

私自身、思い立ってから行動に移すまで、どちらかといえば遅い。

 

 

「色々グチグチ言わずにやってみたら良いじゃん。」

 

 

とよく母に言われるのだけれど、結局自分の中でのタイミングがあって、そのタイミングがこないと、行動に移したところでうまくいかないことが多いのだ。

 

 

 

まぁ、マイペースでワガママなだけなのかもしれないが。

 

 

 

生産性

 

この先延ばしは、確かに「生産性の面では悪徳である」と、アダム氏も語っている。

 

 

 

しかし、実験から読み取れるように、ゲームをしていても「先延ばし」にしたことによる創造力は高まったのだから、遊んでいてもそれは高まるのだ。

 

 

 

こんなことをゲーム好きの小学生に言ったら、毎日毎日ゲームをしそうだけれど。笑

 

 

 

 

しかしこれを利用して、他の仕事と同時並行で、作業していくようなやり方をすれば、全てにおいて創造力を存分に発揮できそうだ。

 

 

しかし、ポイントの、

「素早く着手」し、「仕上げに時間をかける」は忘れてはならない。着手が遅ければ意味はない。

 

2、根拠のない自信について

 

さらに、アダム氏が触れている「不安」について。

 

「どんな素晴らしい人でも、独創的な人の多くは自信に満ち溢れているように思うけれど、実は我々と同じように不安や疑問、恐怖を感じている」

 

 

違うのはその「不安」「疑問」「恐怖」に対しての対応の仕方で、特に疑問は「自己への疑問」と、「アイデアへの疑問」がある。そして特に「自己への疑問」は手を止めてしまう。

 

そして、アイデアへの疑問は挑戦へとつながる。

 

 

 

失敗したときにこれを分かっていなければ、「自分はだめだ」となるけれど、これが分かっていれば「最初の何回かはいつもダメだけど、まだ到達していないだけだ」という思考に至る。

 

 

これは自分自身の活動する上で是非心に留めておきたい言葉だった。

「根拠のない自信」と言うけれど、その「根拠のない自信」がある人の一部は、常にこの「最初の何回かはいつもダメだけど、まだ到達していないだけだ」という思考なのかもしれない。

 

3、終わりに

 

仕事が早ければ良いわけでもないし、締め切りには間に合わなければならない。

 

また、締め切りギリギリに着手しても意味はない。

 

 

これは音楽でも然りで、譜読みは早く着手し、仕上げに時間をかけるべきだろう。

 

 

 

この、考えてみれば当たり前のことを、今一度心に留めて・・・・。譜読みを始めなくてはならない。(積み上がった楽譜を横目に)

 

 

 

 

おしまい。

 

 

〜今日の小話〜

ピスタチオにはまりました。素焼きのアーモンドも、美味しいんですね。さっきから手が止まりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA