な な を 。 の 制 作 本 棚 へ よ う こ そ 。

夜会の有用性。

こんにちは、ななを。です。

 

 

大学時代、仲の良い友達?良きビジネスパートナー?と度々夜会をしていました。

先日この旅を共にした、この方。時々、ブログのネタ提供してくれてます。笑

 

 

この記事 ↓

【観光】第4弾 大分県由布院4つの楽しみ方「アルテジオ」

 

 

 

卒業し、まだ1ヶ月も経っていないのに、夜会が恋しくなっています。

 

 

 

たくさんふざけた話をしたり、お酒を飲んだり、出かけたり。

今日は、そんな大学時代最も多くの時間を過ごした友人との、夜会の話でもしましょう。

 

 

1、夜会とは

 

音楽専攻をしていると日中練習しなければならないが、

音出しができなくなる夜の時間帯に、夜会はスタートする。

 

・テーマはなかった

 

元々はお酒を飲んでいたのだけれど、いつの日からか、お酒なしの夜会がスタートした。

 

面白そうなので何をやっていたか書いてみようと思う。

 

・音楽の話

 

元々演奏する試験曲が同じことで仲良くなった友人だったので、

音楽の話をしていた。

 

 

自分の演奏に関してもあるし、演奏家の売り方、レッスンの仕方、テーマは様々。

気に入った曲をナクソスや、Youtubeで検索してはBGMにした。

 

・本の話

 

最近読んでいる本の話もした。

特に二人でハマっていたのが

 

山口周さんの本。(山口さんの本に関しての感想はまた別記事にしたいと思っている。)

私たちは度々、世の中に対して「なぜ」と言う疑問をお題にしていた気がする。

 

 

 

そんな中先生に付けられたあだ名は「世直し女たち」

 

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

実際そのネーミング通り「世を直す」なんて力は私たちにないし、目指しているわけでもないけれど、いつまでもこの「なぜ」と言う問いは忘れたくないな、と思うのである。

 

 

 

・近況報告

大学は田舎にあったので、街中に行った時や、他のコミュニュティに参加した時などは「近況報告会」をしていたように思う。

 

 

 

そんな中、梅田でご飯を食べている時にした会話は今でも印象に残っている。

 

 

 

カウンター席に座った私たちは、目の前を通り過ぎる人たちを眺めていた。

 

そして、その通りすがる人を見ながら

「今何考えているか」

と言う話をしたことだ。

 

 

 

意味不明な会話に思うかもしれないけれど、

私自身、街中に行くと、通りすがる人を見て

 

 

「この人は、今どこからの帰りなのだろう。どこに行くのだろう。今までどんな人生で生きてきて、今日は何をしてたんだろうか。もしかして今営業中だろうか。今も給料の中で動いているのだろうか。今は終わったのかな。夢はなんだろう。」

 

 

という、とてもしょうもない妄想にふけるのだ。

街ゆく人や、車窓から見える建物を見て、その中のストーリーを思い浮かべては、次の人を見て。ということをしている(暇人か)

 

 

そんな話をしたら、友人はそんなことを思ったことがなかったらしく、驚かれた。

 

 

 

そして、驚かれたことに私は驚いた。

 

 

 

特にオチはないけれど、一つの同じ景色を見ているのに、考えていることは人それぞれ本当に違うんだよな。

という気持ちを改めて感じた一瞬だった。

 

2、夜会が必要なわけ

 

そんなわけで、彼女とは長らく「言語化する」という事が、一つのテーマになっていた。

そして先日久しぶりに電話をした際に、気づいたら「特定のあるワードへの違和感」というテーマで話していた。

 

 

「成長、キャリア」という言葉に違和感を感じていたのだけれど、この事に関しても、また記事にできたらいいなと思っている。

 

「役に立つ」「問題解決」という言葉への違和感。【言語化力】

 

要するに、夜会で、かなりの言語化力を鍛えられていて、思考を整理する場になっていたのかな、と最近思うのである。

別に昼でもいいのだけれど。笑

 

 

 

そんな友人の存在に感謝しながらも、遠く離れてしまった友人との夜会を思い出し、久しぶりにまた開催したいなぁと思った次第だ。

 

 

 

 

今日の夜も始まったばかり。

 

 

 

 

 

また夜会が開かれることを、楽しみにしている。

 

 

 

 

 

おしまい。

 

〜今日の小話〜
根からの出不精なので、この #おうち時間 で、ニキビが減った。
アフターコロナでも、このくらい家にいても経済が回ったらいいのに。と思ったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA