な な を 。 の 制 作 本 棚 へ よ う こ そ 。

【観光】第4弾 大分県由布院4つの楽しみ方「アルテジオ」

こんにちは、ななを。です。

 

2020年3月上旬、大分県由布院へ観光に行ってきました。

 

ANA・全日空で行く 格安ツアーはスカイツアーズ
 

由布院観光は何度かした事がありますが、その中でも一番贅沢な楽しみ方をしたのでご紹介します!

 

(日々自宅での生活で、今行けないからこそ写真で楽しもう・・・!ということで、今日も過去旅ブログ)

 

1、慰安旅行のしおり

大分県へは、前乗りしていた為、朝8時30分、大分駅集合でした。

今回はノープラン、目星をつけているのは「artegio」。

ただそれだけです。

・時間割

 

10:00 由布院駅到着

10:30 タクシーでartegioへ

12:00 ランチ

14:30 下山

17:00 別府の旅館へ

 

・贅沢な旅

前日は非常にパワフルな演奏会だったため、

この旅は慰安旅行のような、バカンスのような旅になりました。

 

ちなみに前日の演奏会↓

・artegioとは?

さて、今回の旅の目的「artegio」。

由布院の街並みに、目もくれず由布院駅に荷物を置き、タクシーで直接「artegio」に向かいました。

そこまでして行った場所とは。

 

美術館 artegio

ー「アルテジオ」は音楽にまつわるアートを集めた施設です。ー

音楽と美術―眼と耳―はもともと親しい関係にあり、
相互に触発し合いながら多くの作品がこの世に生み出されてきました。

「アルテジオ」には、小品ながらジョン・ケージ、マン・レイといった、
眼と耳を自由に横断した画家たちの作品が、美しい音楽と共に展示され、
館内にはごくつろぎいただけるソファ席や、関連の図書を揃えた読書室も用意されています。

レストラン、ミュージアムショップも併設されており、「山荘無量塔」を中心に
その全てを回遊することができます。ここは、A(ART)、B(BOOKS)、
C(CHANT=歌、音楽)、D(DRINK、DINING)を楽しみ、味わうことができる場所。
さらに、訪れた方が自らこの森の中で何か=E(EXTRA)を見つけていただく場所でもあります。

(公式HPより引用:公式HP「アルテジオ」

【入館料】大人600円 小学生300円   【営業時間】10:00〜17:00  【定休日】不定休

私自身、2度ほど行った事があり、3度目となる今回。
気づいたら1日が過ぎていました。

・4つの楽しみ方

(※撮影許可がある美術館ですので、写真も掲載しています)

1、美術品の鑑賞

美術館なのですから、美術品を鑑賞するのはもちろんのことですが、
上記の通り音楽にまつわるアートが集められています。

 

武満徹の言葉から始まる、この美術館。

【最後の一文】
人間には、目と耳の関係は大変密接だろうと思います。
ー武満徹『夢と数』から引用

 

決して広くない美術館ですが、なかなかの見応えがあります。

 

館内はまさかの撮影OK。

気に入った言葉や、作品はカメラに納めました。

 

 

一番お気に入りは、ジョン・ケージの作品です。

2、読書

この美術館、館内に二つの大きな本棚があります。

特に美術、音楽に特化した本ばかり。

 

 

ゆっくりとしたソファーに腰掛け、2時間ほど読書。

2人で行ったのですが、各自好きな本を読みました。

 

 

ちなみに私が読んだのは、カンディンスキーや、宇治山 哲平の作品集。

3、ごはん

さて、12:00を前に、お腹が減ったのでご飯を。

 

たくさんの種類の野菜が乗ったドライカレー。

 

贅沢な一品でした。

 

自家製マスタードも非常に美味しい。

 

 

余談ですが、大分県民の「カレー」の「発音」はおかしいようです。(「カレー↓」「発音↓」)

+α:昼寝

お昼も食べ、もう一度読書に戻りました。

 

 

・・・・・。

 

 

が、二人とも気づけば夢の中へ。

(決して睡眠を推奨するものではありません。)

4、ピアノ

 

そして、起床した私たち。

 

置いてあるピアノが気になっていました。

 


(写真は6月のもの)

 

アルテジオのショップの方に伺うと、なんと演奏可能なんだとか。

 

 

静かな美術館の雰囲気を壊さないように。

 

友人は、プロコフィエフ ピアノソナタ第8番より第2楽章
私は、シューマン ダヴィッド同盟の第14曲目を。

 

 

素敵な空間で演奏できた時間は、なんとも幸せでした。

 

2、その後は別府へ

・由布院街観光は?

 

・・・実はこの日ほとんど由布院の街に目もくれず帰ったのです。笑

 

artegio独特の「感じぬ時への心地よさ」と、「澄んだ空気と心地よい空間」

で十分に心を満たし、由布院駅へと歩いて下山しました。

 

・鉄輪温泉

由布院から別府鉄輪までは、バスで一本。

 

鉄輪に宿をとっていたので、バスに乗車。

 

17:00前には宿に到着。次は湯に癒されたのでした。

 

3、最後に

何とも贅沢な旅行。笑

 

20代前半、卒業旅行の一部でした。笑

 

ぜひ大分県由布院に行った際はアルテジオに行ってみてください。
何度行っても違う楽しみ方ができる、そんな場所です。

おしまい。

 

[affi id=2]
〜今日の小話〜
50代になったら、お金貯めて由布院高級旅館行く計画してます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA